地球人として生きる

地球人として健康に生きていくために。。

インフルエンザをはじめ風邪予防にワクチンや薬ではなく食事を!

 

インフルエンザワクチンを接種する人、しない人

極端に分かれますが・・

そもそもインフルエンザワクチンを接種しても

同じ型が流行しなければ無駄であり、

それ以上に体に有害なものです。

 

風邪をよくひく人がいますが

それは食生活の結果かもしれません。

 

あとは水分の摂りすぎや

寝不足・・

つまり生活習慣にあると思います。

 

食事も生活習慣の一部です。

 

誰でもみんな飲食した物で

体ができています。

そして今食べているものの結果が

数年後に体に影響してくるのです。

 

だからもし今何かの病気になったからといって

すぐに食事を変えても遅いのです。

その原因は数年前から飲食していたものの結果ですから・・・。

 

インフルエンザはワクチンなど打たなくても

自分で回避できます。
生物兵器を 蒔かれた場合は話は別ですが・・)

まず不必要な外出は控える。

外出時はマスクをする。

(それも自分で工夫したマスク)

生姜やニンニクをよく使う。

水分を摂りすぎない。

首を温める。

(ネックウオーマーとかタオルも良いです。)

ミネラルを含んだ塩とナッツ類、安全な水を

いつも持ち歩く。

産地の分からないもの(特にお弁当やお惣菜)は

なるべく口に入れない。

下半身を強化するためにスクワット(10回でも良い、毎日する)。

 

以上思いつくことを書いてみましたが

あとは自分の心の声に従うと良いですね。

 

スイーツも食べたい場合少しぐらいは食べたら良いと思います。

我慢してストレスを溜めると良くないですから。。

甘いもの、糖分を代謝させるものはビタミンBらしいです。

豚肉などもビタミンBを多く含んでいます。

ただしベーコンなどの加工食品は作る過程での

添加物がすごいので注意しましょう。

 

こうして自分で気をつけることによって

インフルエンザワクチンなど受けなくても

大丈夫なのです。